旅する型染め
緑化


緑化中
マルバツユクサ
内地のよりまるっこい。
ぐんぐん成長中…
草稿は支離滅裂につき
最初のイメージを思い出して緑化中…
最近、仕事以外で誰とも会っていない。
今のわたしにはそれがいいみたい。
ずっと考えてきたこと。
今のおだやかな生活の中でできることを
形にして発表したら
岐阜に帰ります。
今日も風が気持ちいい。
培養します。
緑化中






 

制作 - -
受胎告知

受胎告知
月曜日に沖縄は梅雨入りしました。
雨降りの仕事帰り
向かいのお家のおばあちゃんに
てっぽうゆり(琉球百合)いただきました。
梔子みたいな
甘い匂いで胸がいっぱい。

 

緑のすみかの草稿再開しました。
草稿

増えてく
どんどん増えてく露草ちゃん
Popです。





 

制作 - -
緑のアトリエ

緑の館

今年は梅雨入りが遅いようで
今日もまぶしいくらいの晴天でした。
スケッチ散歩に出かけて朝顔少しだけ描きました。
おうちのある場所は緑と楽しい路地でいっぱい。
ただ歩いてるだけで楽しくてしかたない。

すてきな緑の館を発見。
いつか緑でいっぱいの
平屋のお家に暮らしてみたいとずっと思ってる。
そういえば内地にいたときも
すてきな緑の小屋を見つけました。
緑のアトリエみたいとわくわくしてた。

いちじく食べ放題やなー。
アトリエ
岐阜にいたときも沖縄に再び来ても

子どものころから

あんまりやってること変わってない。
学校帰りに寄り道したり
すきま
道じゃない道を探検したり
わたしにとってずっと変わらない
いちばん大事なことなんだと思う。
今日はサクラランが咲いてるとこを
発見してうれしかった。
今は真っ白のユリがよく咲いて
甘い香りでいっぱい。
特に夜は。
制作しなきゃとお家にずっといると

行き詰って
誰かに会いに行きたくなるけど
でも、それはちょっと違う。
今日も近所の永遠に

元気をもらいました。
鉢の中の露草
鉢の中に露草が顔を出してくれました。
今年も咲いてくれそう。
楽しみ。

 

日記 - -
36

こけし
2月で36歳になりました。
三度目の年女です。
うまくできないことが多いから(主に料理…)
36になったのにこんなこともできないなんてと
思うことが多くて黒いあざみたいになる。
友だちが、毎日生まれたてだからと
言ってたことを今思い出した。
そんな友だちの子どもも今年生まれて
申年生まれさん。
何となくうれしいね。
久しぶりに手紙を書いて
おだやかな時間が戻ってきた。
わたしが首里に再び住んで取り戻したかった感覚。
作品もおんなじでもっと思ったままに作りたい。
できあがったものが
なんじゃこれってなものでも
すごくいいって思えるものでも
どういうものが生まれてきてもいいな。
(あ、でも、なるべくいいものがいいな、やっぱり)
自分がどんなことを感じてるのか知りたい。
今日はすごい土砂降りだったけど夕方晴れて
街が雨で洗われてきらきらしてた。
散歩したら
近所の白黒ちゃん(猫)に逢えました。

耳が桜カットされていることに気づいた。
避妊手術してくださった方ありがとう。
駄菓子屋さんのおじさんと
中学生のやりとりを聞いてほっこりしたり
私はとってもいいとこに
暮らさせてもらってるなぁって思って
私の心も洗われました。









 

作品 - -
八十八夜

八十八夜
八十八夜ねむ
美濃和紙に型染め 顔料


4月に染めたもの。緑が濃くなった。
かおりちゃんの個展を見に
るいちゃんとかおりちゃんと読谷まで行きました。
そこで買ったかおりちゃんの
やさしいほんのりピンクのお椀にお皿
おいしい和菓子とお抹茶でも飲みたいなぁ
なんて思いました。
今年のGWは実家の岐阜に帰りませんでした。
わたしの実家はお茶の産地で
あの緑のもこもこの茶畑が美しいんです。
作品作りながらいろんな土地や人に想いをはせます。














 

作品 - -
朝顔

職場の駐車場にあるガジュマルの木に
朝顔の花が咲いている。
朝の出勤時間はブルーの透き通った紫色
夕方帰る頃にはやさしいピンクの紫に変わってる。
琉球朝顔は朝顔って名前だけど
一日中咲いてくれてる。
バイクに乗っていても移動中の車からも
朝顔が咲いてるのを探してしまうくらいの
朝顔ブーム。
そんなわけで日曜日
朝顔のスケッチに出かけました。
近所の朝顔は夕方にしか見たことなかったから
いつ見てもピンクだったけど
朝出かけたら、やっぱりブルーなのでした。
ゆらゆら咲いてる姿がかわいい。
スケッチしながらいろんなことを
思い出してた。
芸大の近くだったから学生時代のこと…
外でスケッチして学校に戻ってきたら
私のスケッチ焼けを見た友だちが
わかめちゃん(わたし)海にでも行ったの?
先生もかけよってきて
勝野くんスケッチに熱中しすぎて熱中症に
なったらあかんぞ(ダジャレかな)
日曜日も夏日みたいに暑くて
無防備だった背中は
しっかり日焼けしてしまって痛いです。
もうろうとしながら帰りは
ガリガリくんのぶどうアイス食べた。
軽い熱中症になったけど
緑の中で過ごす時間はすごく満たされた。
お家に帰ってから朝顔の写真を見て
ゆらゆらくらげみたいって思いました。
そう言えば昔、暑い中スケッチして
作った作品のタイトルも深海だった。
暑い暑い夏の日
でも、しんとした空気が流れてて
深い深い海の底ににいるみたいって思って。
朝顔のスケッチもいつか素敵な作品になりそう。

くらげ












 

スケッチ - -
オクラレルカ

オクラレルカ
オクラレルカねむ 美濃和紙に型染め 顔料

オクラレルカからのおくりもの
市場の花屋さんで買いました。
葉の隙間の蕾がすぐに開き出して咲いてしおれて
また次が咲いてを繰り返して
もう終わりかなと思ってたら
一番天辺が、また隙間の奥から
顔を出していた。
まだ咲いてくれるこがいたなんて
うれしい。
最後に咲いたから
小さくてしわしわだったけど
お花のパワーがいちばん凝縮された子に見える。
むわっと甘い香りがする。
何とも言えないみずみずしい紫色
写真に撮りたくて
でも自分が感じてる色には写らない。
写真はカメラを通した色の楽しみなんだね。
色が好きだ。
色の持ってるパワーってすごいなぁと思う。
目にする色。身に付ける色。口にする色。

最近ぶどうジュースがおいしい。これも紫!
自分の生活にすごく影響を与えてくれている。
色に癒されてる。
最近、顔料がうまくのらなくて失敗続きだった。
何となく問題点は分かってる。
またリベンジします。
オクラレルカの花言葉は
良い便り、あなたを大切にします…らしいです。

身近なことは世界といつもつながってると思うから
日々の生活を大切にすること。
それが祈りになると思っています。
久しぶりにブログ書いたら
どっか行ってた気持ちが帰ってきたような
感じがしました。


オクラレルカ







 

作品 - -
ねこのはなし

桜餅ねむ
桜餅ねむ

夜ねむ
夜ねむ

basic
美濃和紙に型染め 顔料



サガリバナと ねむ
大学で捨てられていた猫
眠そうな顔がかわいかったのと
合歓の花をかけて
ねむ って名付けました。
今は、岐阜の実家で家族として
受け入れられてのんびり暮らしています。
私が子どもの頃、動物を飼うことに
憧れてたけど飼えなくて
私の家族は動物が嫌いな家族なんだと
思っていました。
でも、ねむちゃんが来てから
ちょこ と くーすけ の2匹も
後から家族になって
今では3匹。
実は、亡くなったおじいちゃんも猫が好きで
昔はよく拾ってきて可愛がっていたそう。
でも、家の前におっきな道ができて
車にひかれてしまうのがかわいそうで
飼わなくなったらしい。
今は1階では外に出さずに
2階の窓だけ開け放して
屋根の上だけでのんびり遊んでる。


チラシ
春分の日に、つなぐフェスvol.1に
手作り布ナプキンを作っている
ちびトコのさとこさんと
猫好き仲間と出店しました。
ちびトコ+Love cats
新作の手染めの猫カードも
額に入れて並べてみました。
値段が低かったのもあるとは思うけれど(反省)
本当に気に入って即決で買ってくださって
うれしかった。
自分の作品が社会とつながっていったらいいなぁと思っていたので
そのはじめの一歩になりました。
ねむちゃんに癒されて作った作品が
誰かの心も癒してくれるかな。
猫愛+ものづくり
また気長に続けていきたい。
そして最近、制作が前よりも楽しくなった。
何故だか分からないけど

散らかってる部屋を見て
わたし生活してるな、制作してるな
そう思えてうれしい。
新作が2つ旅立ったので
気持ちが冷めないうちに
今また染め足してます。
このままどんどんわくわく染めていくよ。
今の緑のすみかに、仲間達に感謝。


花名刺
久しぶりに手作り花名刺
これは沈丁花の花をスケッチして型を彫ったけれど
今咲き誇ってるツツジにも見えるかな。
ツツジがわたしを見てってきらきら咲いてる姿に
最近は釘付け。
またスケッチしたいな。



 

作品 - -
夢中
色草稿
首里の街は花尽くし
春めいてきました。

今日は糊置きしました。
今は乾く間に色草稿。
わたしは糊置き、下手っぴです。
染色って不器用なわたしにとっては
難しい作業ばっかりです。
でも、だからまだ続けたい
出来るようになりたいって思うのかも。
何度も挑戦するしかないね。

夢中が夢中を呼んでくみたいに
どんどん楽しく作れるようになることが
目標です。









 
制作 - -
カシュー
昨日、鎌倉芳太郎と琉球文化の講演会を聴きにいきました。
(沖縄にいられるうちに勉強できることは
勉強しとく)
そこで見た鎌倉先生が収集した型紙で
伊勢型紙の商標マークが入ったものがあって
沖縄にも流通していたことが分かるとお話されていました。
型紙は和紙を柿渋で塗り重ねて作るけど
その和紙はどこで作られたものなのかな?
岐阜生まれの私としてはいつも
美濃和紙を思ってしまう。
奉書紙
書き損じたものとか(裏紙みたいな)
型紙にしていたようだけど
その奉書紙はそもそもどこで作られたものだったのかな?とか

紙が最近ますます気になっています。
やっぱり
美濃和紙のあのやわらかい風合いが
好き。
沖縄にいるけど
美濃和紙にこれからも
染めていきます。
いつか自分の染めの仕事で
地元に貢献できることが
できたらいいなと思います。
どこに着地して生きてくか
まだ決めきれないけど
染めは続けていきます。


ネム



 
制作 - -
<< | 3/11 | >>