Search this site
旅する型染め
雪輪
雪輪
水色地菖蒲牡丹雪輪しだれ桜文様紅型
いびつだけど丸いのが雪輪の文様です。
沖縄では雪は降らないけど…?
雪の文様を他にも調べてみると
雪持ち笹
雪持ち芭蕉
雪持ち柳などなど 
雪がもこもこ積もってる様子が文様になってて
雪の白地の部分が植物をひきたたせている。
涼しさをだすために夏の着物の柄によく使われてるみたい。
おもしろいです。

糊炊きの作業もお手伝いさせてもらえました。
すごくきれいな白ぬか と
もち粉をふるいにかけて分量をはかり
工房のスタッフさんと一緒に
粉まみれになりながら
ひたすらこねこね
ドーナツ状にして
蒸し器で蒸して作りました。
わたしは、糊の蒸した時の匂いが好き。
お餅が食べたくなってしまう。
和菓子好きのわたし
最近、近所のお菓子屋さんにはまっていて
また走ってしまいそう…
糊炊きの作業は下っ端さんのお仕事らしいです。
体力仕事だったけど楽しかった。
工房スタッフさんとのご縁にも
ほんとうに感謝しています。





 
posted by katsuno kumiko | 19:38 | 勉強 | - | - |
はないろ
はないろ
花色地 菊牡丹楓散らし文様紅型
地の色がピンク色のものを 
はないろじ 
と呼ぶそうです。
この呼び方が好き。

今日も少しだけ工房に行ってきました。
今工房には、赤ちゃんもいます。
赤ちゃんの声を
聞きながら作業して
幸せです。
赤ちゃん

赤ちゃんはすごいな。
ほっこり あったかいピンク色のパワーでいっぱい。
それは、お母さんのパワーでもある気がします。
最近赤ちゃんを見ると

うれしくてしかたないのです。
わたしもお母さんになりたいのかな。





 
posted by katsuno kumiko | 20:56 | 勉強 | - | - |
紅型
8年前に当蔵公民館で
個展をさせてもらった時に
お客さんに 変わった紅型ですね
と言う感想をもらいました。

わたしは、型絵染めであって紅型はやっていない。
でも沖縄で型染めをやっていると
紅型と見られる。
でも逆に
何が紅型なんだろう?
定義がちゃんと分からないから
人に上手く説明できない。
ずっとひとりで考えてきた
純粋な疑問を
今は工房の人たちと語り合えることができて
幸せです。
私は紅型がやりたいから
勉強したいと思ったわけではなくて
型染めの一つの伝統である
紅型を知りたいと思ったんです。


模写
 白地 生垣牡丹楓桜梅散らし文様紅型
牡丹の花の模様をトレースしました。
資料の図案は形がつぶれてるから
そのままトレースするんじゃなくて
形を直さないといけないのです。
(わたしはつぶれた感じも好きなんだけど…)
牡丹の花びらの特徴は
もこもこした感じで
描くもの
そうゆうものらしいです。

ずっとスケッチから
絵を起こしてきた私としては
そうゆうふうに描くもの
文様=記号みたいなもの)
感覚が
?で
紅型の模様は
沖縄には無いモチーフばかりで
中国や内地の友禅の影響なんですね。
結局、内地なの…?
そう思ってちょっと?だったけど
外の世界の文様をまねて
作っているからこそ
生まれる独特の形
おおらかさがあって
その素朴さが魅力なんですね。
?がいっぱいなんだけど
?と思うことがなんだか大事だなと
思いました。
どうして琉球の人は
スケッチから文様を起こそうとしなかったのかな?
とかとか
疑問がいっぱいです。

トレース中

古紅型が好き。
模様や色みがかわいいし
観察してるとおもしろくて仕方ない。
でも内地の友禅の影響と聞いて
結局、わたしの好きな京都と
つながってるんだなと思ったら
それはそれで何だかいいなって
思いました。
沖縄を通して日本や中国を
感じることもできるんだ。
それと
着物は(着るもの)人の身を(命)守るもの
だから紅型には縁起の悪いモチーフは
絶対使われていない。
身をを守る大切なもの
先生の言葉が
今回はびびっときました。
毎回が刺激的です。


 
posted by katsuno kumiko | 21:50 | 勉強 | - | - |
今日という日
古琉球
土曜日に、工房のみなさんと
組踊を見てきました。
はじめての本物の紅型の衣装の
舞台に感動しました。
本当に美しかったです。

今日は
白地菊散らし文様紅型
菊の花の中心から
どのように花びらが広がっているかを意識して
トレースしました。
形の境界線の表現について
線は知 色は情感だと
先生が話していたのが
印象的でした。
沖縄で唯一
自国で作ることができた着物 紅型
絵師の意図を
紺屋がどのように受け継いで
型にして染めたのか
どのような階級の人が着ていたのか…
個人的にも
身分の高い人以外に
どのようなものを着ていたのか
気になってます。
知りたいことがいっぱいです。

どこに根付いていくか 迷ってたけど
今は
沖縄の染織を勉強したい。
今の気持ちを大事にしたいです。


2日目で少し工房の雰囲気や作業にも
慣れて来ました。
また来週
気持ちを引き締めて
勉強したい。








 
posted by katsuno kumiko | 23:06 | 勉強 | - | - |
花模様
とびがら
今日から工房で勉強させてもらっています。
古典紅型の模写で図案をトレースをしました。
 藍地葵熨斗楓竹橘梅桜散らし文様紅型
いろいろなモチーフが 入った飛び柄です。
なぜか、いきなり真横から入る、葵の文様
そこが紅型のおもしろさ…おおらかさ…?
トレースをしながら意図を理解します。
どんなモチーフか
顔料は何か
隈の入り方と型の関係性(隈の部分にあられが彫ってある)
地染めの染料は何か 生地は何か…など
いろいろな情報を集めます。
調べるごとに 自分が好きなもの
色、形、自然、植物 着物…
すべてがつながってるなぁと 思いました。
自然の模様が好き。
勉強しないといけないことが たくさんある。
自分の気持ちに気付くのに
ずいぶん遠回りしてしまって
焦る気持ちにもなったけど
少しずつ前向きに
今は信じてやって行こうと 思いました。
今週末は、工房のみなさんと
組踊りを見に行くので楽しみ。
踊り衣装を観察してきます。

昨日は、トレーシングペーパーを買いに
近くの画材屋さんに行きがてら
散歩しました。
桜が満開で
あちらこちらの御宅の桜を お花見したり
椿がたくさん植えてあるところや
ひょろひょろだけど
菜の花がたくさん咲いてる 空き地も見つけて
うれしかった。
近所の永遠です。
こんな時間がいちばん 幸せ。
やっぱり自然の中で過ごすのが好き。
将来は田舎で暮らしたい。

菜の花



 
posted by katsuno kumiko | 21:14 | 勉強 | - | - |