旅する型染め
またたび

先月末、急きょ京都へ行ってきました。

体の調子悪かったのもあって、またSOS

でも、旅に出ると決めたらよくなったから不思議。

食べることが楽しくなった。

旅先でいろんなものを食べた。

朝のプチトマトのお味噌汁

鴨川でトンビに襲われて

ゆっくり食べれなかったかぼちゃのケーキ

長い夕方にみんなで食べた草餅

のあと、大好きな先生と夜な夜な食べた豆大福

あんた晩御飯まだやろ?で晩御飯も

朝から串カツ

実家のある岐阜にもよって

めずらしく妹と外食して鉄板ナポリタン

お父さんが買ってきた安い菓子パンも

三つに分けて食べたら美味しかった。

妹夫婦からもらった

自分では絶対買わないグミ

などなど

いろいろ美味しかった。

ゆいいつは、母と口論の後にやけ食いした

バターサンド二個のみが胃をもたつかせた。

何を食べるのかも大事だけど

誰と食べるか、どんな気分で食べるか…だったのかなって思う。

京都でも実家でも、よくサラダを食べた。

生野菜は体を冷やすと思って食べてなかった。

実家の近くに山羊(苺&ミルク)がいて

美味しそうにムシャムシャと草食べてる。

今沖縄のお家でもサラダを食べると

それを何となく思い出す。


先生のお家の紫陽花。

もらって実家に挿し木したのもよく育ってる。

今度は実家の藪手鞠(今わたしが作ってる作品のモチーフ)をあげる約束をした。

先生と植物の話をするの楽しい。


この旅から思ったことたくさんある。

去年くらいに、いろいろ問題って思ってたことって

何も問題じゃなかった。

無邪気さが、誰かの支えになることもある気がした。

昔からたぶんどっかで、無邪気さ=わがまま→ダメな感じ って思ってた。

京都行った時、久しぶりに会った人たち、お世話になった友だちみーんな年下で

ががーんってなってコンプレックスに思ってたら

わかめちゃんは、永遠の少女だからいいの!って言われて

えへへ〜となって、もう降参しようと思った。

楽だし、それで普通に友だちだから。

無邪気なまんまの自分でいる方が役に立ってたりします。

そんな私は、次は東京〜山梨に行くことになりました。

どこに行くことになるか分からないものです。

いろんな土地にいる友だちに感謝です。

9月末の甲府での展示の下見に行ってきます。

最近、ぽやっとこんな感じのこと

作品にして展示できたらいいなとイメージが湧いてきて

岐阜にいたときから私の表現したいことのテーマって

変わってないなって思ってうれしくなった。

母から 洗ったヨって写メールが来て

かわいい古いガラケーを大事に使ってるので

画像がボケボケだけど

むかしむかしに作ってほかってあった失敗作。

洗って何に使うつもり?

また大きな作品も作り続けたい。

わたしはやっぱり作品持って

いろんな土地に行っていろんな人に出逢いたいんだなって思った。

アートイベント好きだから。

とにもかくにも

9月末の展覧会に向けて今は頑張ります!

そして次は京都に暮らすんだ。

京都と岐阜は近いし。

遠い先のことなんて分からない

目先の目標、今作りたい作品のことしか

わたしには分からない。

 

最近、シャムキャッツのニューアルバムがすごいよくて

よく聴いている。

フレンズアゲインってタイトルもうれしい。

発売は後からラジオで知ったけど

発売日は夏至で

夏至は京都で友だちと制作についてとか夢とか話して

夜も先生とのんびり話して

よい時間をすごしてたなぁって思う。

沖縄に帰って来てから友だちに旅の報告をしながら

念願のハンバーグも食べに行けた!(ハンバーグのトラウマ克服)

家族、友だちに助けられた。多謝。

制作はわたしにしかできん。

頑張るぞー!

 

 

 

 

日記 - -
2017

年末、東京へ行ってました。

あこがれのなぎ食堂でるいちゃんの民謡ライブ見て

その日の夜に6年ぶりの山梨へ

ふみちゃんのおばあちゃんちで治療を受けたり

美味しいご飯もりもり食べたり

そして岐阜へ里帰りしました。

2016年体の調子を崩して

病院で検査したりいろいろもがいてましたが

いっこうに良くならず…

sosの声を聞いてくれた

東京に暮らしてるふみちゃんに会いに

行くことがきっかけでした。

今また調子はよくないのだけど

いろんな気付きがあった。

今までずっと病は気からとばかり思っていて

気持ちとか頭にばかり

訴えかけてたのだけど(気合いとか気力)

でも、自分の体の気質を知って

もっと労わってあげた方が

気持ちも安定して元気になって

やる気も出てくるんじゃないかと思いました。

私は血が少ないから血の巡りもよくなくて

呼吸も浅いみたい。

常に戦闘状態でリラックスできてないみたい。

山梨でおばあちゃんが朝風呂して

いやーやっぱり風呂はいいね〜

血のめぐりがよくなって元気になるね!

と言ってて

ほんとそのとおりで体があったまると

元気になる。

頭痛も楽になったり

お腹も痛くなくなったり

とにかくぽかぽかだとうれしくなってくる。

2017年は体に耳を澄ませてみようと思う。

それで冷え取りをはじめます。

それとふみちゃん達とのたわいもない会話の中で

もっと純粋な自分の願いを信じて

夢見ていいんだって思えたことがあって

それは23ちゃんがfbの投稿ににコメントくれた時から

じわじわはじまっていたようなときめきに似た感覚。

かわいく楽しく健康に制作して出逢います。

そのためにも冷え取り、ご飯(一汁一菜で良し)、呼吸!

リラックス、体労わることにまず集中

癒されて心もオープンになって

夢が叶う

信じるものは救われる。

2017年の展望は

続く...

 

平和通り商店街

よく笑ってよく食べて

ふみちゃんのおばあちゃんちで過ごした時間は

ほんと湯治場みたいだった。

大好きな山梨 武蔵小山もすてきな場所

ありがとう!

 

^−^

 

 

 

 

 

 

 

日記 - -

御祝い

あけましておめでとうございます。

お久しぶりです。

去年は今さらinstaデビューしてしまったのもあって
ここ最近はblogご無沙汰でした。

SNSの便利さにすっかりはまり

久しぶりの投稿です。

年末からいろいろありすぎて

作品ごとに少しずつ振り返りつつ

これからへの想いも書いてみようと思います。


寿

12月の初めに「ぽち袋展」という企画展に参加しました。

御祝儀袋をはじめて作りました。

お家にある材料で今思いつくことを

とにかく形にしてみました。

胡蝶樹の花、蝶々の型を今回も使いました。

作っているうちにどんどんイメージが広がって

そのまま仕上げた感じ。

結び切りのリボンの色のぼかしをしながら

わたしの家の前住人、香川県出身のちっぴーがくれた

緑とピンクの和紙で包まれた

おひねりのお砂糖菓子(和三盆)を食べたのを思い出した。

すごくかわいかったな。わたしがはじめてお家に来た時のこと。

 

中袋

中袋にも蝶々を染めました!

開けたら中にもいます。

サプライズな想い。

楽しかったとともに、いろんなことも考えた。

販売すること、値段、対価

場所、土地柄、人etc...を考えていかないと。

がっくりきたこともあったけど

励まされることもたくさんありました。

ありがたかった。

何となく勢いで作ったものだけど

美しいね、とか

贈る方も、もらう方も一目見るだけで特別な気持ちが伝わる

大切にしたい、って。

手染めだから手間もかかるけど

これからも改良を重ねて大切に作り続けたいです。

年末の里帰りで美濃へ行ったり

郁ちゃんに聞いた美濃和紙の話もすごく勉強になった。

ありがとう。

お祝いを渡したあとも

ウェルカムボードみたいに飾ったり

封筒やラッピングとしてまた別の人に贈ったり

幸せが連鎖するようなものが作れたらいいなと思ってます。

冬のひかり

今年はすごくあったかい冬。

でも冬のぼんやりした光

色は季節をちゃんと感じていたな。

パソコンの調子がよくないので書きづらいけど

blog書くのはゆっくりしてて楽しいし落ち着く。

2016年を振り返りつつの2017年からの展望は

つづく…

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

^−^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品 - -
色々日記

some card

 

しんけいすいじゃく

美濃和紙を染めてメッセージカードを作りました。

型紙は同じものを使ってるけど

色も染め方も全部違う。

だから時々、友だちと遊ぶカードゲームの

しんけいすいじゃくはできない。

日々きゅんときた色んな色を想って染めた。

だから日記なんだ。

 

お花畑

 

 

 

 

 

作品 - -
プレゼント精神

パピヨン

9月の終わり

夏の終わりに海へみんなで泳ぎに行った。

今年最初で最後の海。

かおりちゃんの誕生日祝いもした。

旦那さんのマチューも誕生日が近いけど

いつもプレゼントあげてなかったから

今年は2人にあげた。

プレゼントにそえた手染めのカード。

ラッピングは得意ではないけど

昔からこうゆう作業をしてる時が

幸せだった。

大学は工芸科を選んで

やっぱりプレゼント精神が基本にあるんだと思う。

人が好き。でも怖い。

でも好き。

人との距離間うまくとれなくてうろうろする。

寂しいな、出逢いたい

そう思って外の世界覗いても

まだ自分を置いてきぼりにしてるようじゃだめだ。

ひらめいて作った作品が

誰かとの出逢いをつなげてくれるなら

たぶん絶対そうだから、今までもそう。

また自分と逃げずに向き合わないと。

今は、もう制作、自分の生活のためだけに生きたい。

なかなか思うようにできなくて

浮き沈みを繰り返していた。

あともう一息。

心を込めて。

海

体調が自分で治せなかったから

カメラの検査を受けることにしました。

はじめてだから怖いけど

気持ちも体も大事にしたい。

人生はどんなことがあっても続いてくから

だから前向きに。

毎日少しずつでも信じて。

 

 

 

 

 

 

作品 - -
十五夜

満月

昨日また体調をくずした。

パターンは分かってるけど

やっぱり毎回恐くてパニックってしまう。

以前よりも昼間の仕事をこんつめなくなって

ストレスが減った。

自分の中の優先順位を意識し直したから。

だいぶ楽になったけど

まだ生活の中でシンプルにできることある気がする。

ランプシェード

先週の木曜はatelier petit papillon

かおりちゃんが、らんぷしぇーどにもやってみて!と

言ってくれたので

おそるおそる絵付けさせてもらいました。

すごくドキドキしたけどすごく楽しかった!

好奇心からはじまったコラボだけど

いつも快く受け入れてくれてうれしい。

音楽のバンドってこんな感じなのかしら?

一人ではできない思いつかないことを

セッションしてるうちに

思いもよらない形にできあがったりして。

楽しい。どんどんやってこう。

やりたいことあって

少ないけど好きな人逹いて

すてきな場所に暮らしてて

近所の猫たちかわいいし。

これだけで大丈夫。

このままありのまま

ここから進んで広がって

もっと幸せになっていけるよ。

今ある幸せをじっくり味わって

体大事にしてゆったり生活していこ。

猫場

白黒おやこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

制作 - -
かわいい訪問者

 

 

 

 

 

かおりちゃんとの陶芸のコラボと平行して

自宅では本業の染め

やりたいことはたくさん沸き上がってくるけど

気持ちが持続しない。

近所の猫場に餌をやりに行った。

ご近所さんも来とっておしゃべりした。

白黒だけはいなかった。

アパートもどって階段上ってたら、にゃー

白黒ついてきてた。いつの間に?

廊下でさんざんくつろいで帰っていった。

崎山のいろんなとこに居場所持ってて

みんなに愛されてる。かわいい奴です。

今年は台風が来なかった沖縄だけど

今さら来た台風の影響で毎日雨風強い。

そんな日々がやって来るとは考えず

糊置きしてしまい湿度高いけど

除湿器フル稼動で染めるしかない。

今回は無計画に型を置いた。

どうなるのかわたしにも分からないから楽しみ。

考えすぎずとにかくやる感じは

かおりちゃんとのコラボで培ったことと思う。

でも、まだまだ腰は重い。

焦りや後悔や寂しさから立ち止まりやすい。

でも進むしかない。

自分のひらめきやトキメキは

自分自身でしか外の世界に出せないから。

はっきり言って大学卒業からわたしはとまってる。

夢は叶えたい、これからでも。

そのためにも負荷をかけていく。

 

 

 

 

 

 

制作 - -
マイガール

マイガール

久しぶりに今の人の音楽を手に入れた。

よく聴いてる。

すごく懐かしい感じがして

じーんときた。

高校生とか浪人生の時の自分を思い出した。

マイガールって…わたしには縁がないな〜

それはわたしがこの年だからとか

そんなんだけじゃなくて

その懐かしく感じた時代のわたしも

せつなくなったけど久しぶりに響く音楽に出逢えたことがうれしかったから

FBに投稿した。

後日、東京に暮らす23ちゃんから

シャムキャッツいいよね!

胸キュン大切、恋しよ♡

ってコメントが来た。

ちょっと救われた。

トキメキとか情熱って大事だって思った。

 

 

音楽 - -
お盆

スプレー菊

型彫りのお盆(沖縄は旧暦だから 15 16 17日)

蝶々は亡くなった人の魂の象徴らしい…

ラジオ聴きながら夜な夜なちょこちょこ彫った。

一昨日はatelier petit papillonで

久しぶりに磁器に絵付けしました。

今はまだテスト中。

最近、お盆なのもあってか

家族のこと、子どもの頃のことを思い出してた。

よくない思い出の方が大きい。

でも子どもの時にやってたいろんなことが

今だから愛しいと思えるし

そのおかげで今出逢えてることがある。

私は人生で美術に出逢えてほんとうによかった。

かおりちゃん家で絵付けしながらそう思った。

中村家には、いつも不思議と

わたしのインナーチャイルドを

癒してもらえているので感謝なんです。

子どもの頃、漠然とだけど

わたしの将来はおうちにいて絵とか何か机に向かって

仕事してる人になれたらなぁと思ってた。

それが叶えられてるかって言ったら?

いつも、どこかで引け目を感じて生きてきたけど

ほんとうは、自分のやりたいことを胸はってやれてないことが

一番の引け目だったんじゃないかなぁと思う。

実家は息苦しかったけど

草花、木の実拾ったり、ぼーっと何かを見てたり

色が楽しかったり、想像の世界を形にしたり

子どもの頃にやってたことで間違いってない。

もう大人になったんだから仕事にしたい。

夢見る夢子ちゃんでよろし。

何にも間違ってなかったよって

言ってあげたい

もんだ。

air france

コップもかわいい。

 

 

 

 

 

 

 

制作 - -
祝山の日

きいろ

山の日。

矢野山脈に登って来ました!

矢野顕子さん向日葵みたいな

優しいきれいな黄色のドレスを着てました。

ずっと聴いてきた

「やめるわけにゃいかないわ」を

聴けて、本当に胸が熱くなった。

パワフルで素敵な笑顔に元気をもらった。

 

首里に帰ってきたら

崎山町の盆踊り大会に間に合って

今年も自治会のみなさんと楽しく踊れました。

崎山の山も山ですね〜

いつも酔っぱらってぐだぐだな司会のおじいさん。

こちらの山も負けて無かったよ。

久しぶりに自分らしい無邪気な時間を過ごせて

幸せな1日だったんだ。

ピンクとグリーン

きれいなピンクとグリーンに

見とれてしまいました。

新しい人生のはじまりの色。

私は私の山を登るんだ。

 

 

 

 

音楽 - -
| 1/10 | >>